時間の節約になる!アフィリエイトで必要な記事は外注しましょう

お金をかけずに始められる副業としてアフィリエイトを興味持ち、スタートさせました。しかし、会社員の仕事が忙しくなり、記事の投稿や更新のペースが落ちるとアクセス数や売上が下がりました。記事作成に充てられる時間が限られている状況で何とかしたいと考えた結果、利用することにしたのがクラウドソーシングサイトを利用した記事の外注です。

副業の1つとしてアフィリエイトに興味を持つ

会社員として得られる給料で生活はできても、自由に使えるお金が少なく、悩んでいました。いつかは条件の良い会社へ転職したいところですが、まだ能力と経験が十分ではないと考えています。そこで、足りない分のお金は転職ではなく、副業で補うことにしました。

まず、魅力を感じたのは株式投資やFX、仮想通貨の売買などの投資や投機です。

これまでに何回かチャレンジを検討しましたが、スマートフォンを持っていなかったので、自宅のパソコンだけでの取引になってしまうため、試さずに終わりました。しかし、スマートフォンを購入し、売買するアプリを利用可能となり、チャレンジしやすい環境が整っていました。

ただ、投資や投機は専門的な知識が必要なうえ、負け続けてしまうと少ない貯蓄はあっという間になくなります。また、負けず嫌いな性格なので、負けが続いてしまうと取り返そうという気持ちが働き、無茶なトレードをする予感はありました。

たとえば、FXでハイレバレッジのトレードで失敗し、追証が発生するのは最悪な状況です。もちろん、大負けする可能性があるということは、大勝ちする可能性があることを意味しています。運が良ければ初心者でも驚いてしまうほどの利益を出せるでしょうが、投資や投機は向いていないと判断しました。

次に検討した副業はアフィリエイトです。自分のブログで紹介した商品やサービスが購入されたり、掲載した広告がクリックされたりといった場合に報酬が発生します。アフィリエイトは自分のブログを持っていれば始められるため、初めてでも気軽にスタートできる点が魅力的です。

また、初期費用をかけずに始められる点も興味を持った理由の1つです。ブログの運営経験はないですが、リスクが無いのでアフィリエイトの副業を試すことにしました。

雑記ブログとして色々なジャンルの記事を扱う

リスクなしの副業としてアフィリエイトを始めることにしたので、まずはジャンルを考えました。洋服のコーディネートを考えるのが好きで、最初は購入した洋服の紹介やコーディネートをブログに掲載し、閲覧者を集めようとしましたが、購入した洋服を紹介するスタイルにしてしまうと、とにかくお金がかかりそうな気がしました。

お金の負担を減らすことを検討した結果、選んだのは雑記ブログです。ファッションや美容といったジャンルで購入した商品を紹介するのはお金がかかりますが、雑記ブログは色々なジャンルの記事を扱います。これなら安い商品を中心に紹介すれば負担は抑えられますし、特定のジャンルに偏らないので記事のネタ探しは楽です。

ただ、好きな芸能人のブログはよく読んでいましたが、自分のブログを運営するのは初めてでしたし、文字を入力するスピードが遅く、最初は1つの記事を投稿するまでにかなりの時間を費やしていました。また、記事を投稿しても閲覧者が非常に少なく、自分以外に誰もアクセスしていないこともありました。

そのため、スタートしてたったの1か月で記事を更新するモチベーションがなくなりました。しかし、記事の投稿を止めてから1週間後、初めて自分のブログから報酬が発生して嬉しくなり、モチベーションが回復して記事の投稿を再スタートしました。

記事の作成に充てる時間が減ってしまう

副業として雑記ブログのアフィリエイトをスタートさせ、徐々にアクセス数と売上がアップしていました。

ただ、最低限の目標としていた月に1万円以上の報酬獲得は達成できていなかったです。地道に記事の投稿や更新を続けるしかないとわかっていましたが、会社員の仕事が忙しくなり、副業のアフィリエイトにて記事作成に充てる時間が減っていました。

しばらく記事の投稿や更新をせずに放置したところ、アクセス数と売上は減少しました。スローペースながらも良い状況が続いていたのが一転し、下降気味になったことのショックは大きかったです。それでも、会社員の仕事は生活費を稼ぐため、休むわけにはいきません。

アフィリエイトの副業で最も時間がかかるのは記事の作成です。つまり、記事作成を外注できれば、会社員の仕事が忙しかったとしてもアフィリエイトを続けられると考えていました。


思い切って外注を試す

アフィリエイトの副業は無料のブログで行っていたので、商品を購入する以外でお金の負担はなかったですが、記事を外注するとなれば費用が発生するため、決断するのに時間がかかりました。しかし、悩んでいる間もアクセス数と売上が減少し続けていたこともあり、思い切って外注を試しました。

依頼者を決める際に利用したのはクラウドソーシングのサイトです。仕事を依頼したい人と受注したい人を結び付けてくれる便利なサービスで、依頼者を決めるのは予想していたよりも簡単でした。また、外注は高い費用がかかることを心配していましたが、クラウドソーシングサイトにて相場を調べてみると、安く抑えられるとわかり、安心して依頼できました。

外注した記事をそのまま使用せず、ほとんど手直しをしていますが、それでも全て自分で作成する場合に比べると負担は少なく、助かっています。ただ、本当は手直しをしたくないので、アフィリエイトの副業で儲かるようになった際は、クラウドソーシングサイトにて評価が高く、実績のあるライターに依頼したいです。

アフィリエイトと結婚の関係性

自分で書く場合と外注を使い分けたい

記事を外注するようになり、会社員として働きながらアフィリエイトの副業で効率良く稼いでいます。何とか毎月3万円から5万円程度の収入にしたいので、今後も記事の投稿や更新を続けていきます。しかし、外注しても思った通りの記事が集まらないことはあります。

特に、知識がある分野の記事に関しては質に満足できず、報酬の支払いを躊躇う場面は少なくないです。あまりにも酷い記事は承認しませんが、最低限をクリアしている場合は基本的に買取しています。お金を無駄にしないためには、自分で書く場合と外注する場合の使い分けが大事と学んだことから、知識がある分はできる限り自分で作成し、乏しい分野は外注で賄っていきます。